よすがにこだまする

この世界を彩っている思いを文香さんは日々、写真や言葉にして表現されています。
その言葉の破片、切り取った風景をひとつのかたちに。
本展に合わせて文香さん初となる写真集「Echoing yours」を発表いたします。
数ヶ月前から何度も打ち合わせを重ね、ようやくかたちになった写真集。
デザインは山香デザイン室の小野さん。素晴らしい一冊になっています。
 
展示内イベントとして、23日(日)にLUCAさんのライブを、
最終日30日(日)にはbelkの出張喫茶を行ないます。
 
会期中の5月27日にnormは4周年を迎えます。
4年の節目にみなさまと共に過ごせることを楽しみにしています。
 
----------------------------------------------------------------------
大西文香 写真展「よすがにこだまする」
 
2021年5月22日(土)~30日(日)
11:00-19:00 会期中無休
※23日は14:00・24日は17:00まで
在廊日:22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
 
============================
LUCA Live「Echoing yours」
 
5月23日(日)
16:00 open / 17:00 start
¥3,000
ライブ参加者に小さな贈り物があります
 
============================
「旅するbelk」
 
瀬戸内海に臨む王子が岳山頂のカフェ「belk」の出張喫茶。
belkの珈琲と共に、最終日をゆっくりお過ごしください。
 
5月30日(日)
11:00-19:00
 
ライブのご予約・お問合せはinfo@norm-s.jpまで。
お名前、お電話番号、ご参加人数を添えてご連絡ください。
 
 
|大西文香|  @11ayaka3
1994年兵庫県生まれ、京都府在住。「nice things.」エディター・フォトグラファー。
あなたのそばにある小さな光のようなもの
写真や言葉をとおして世界と対話する


 
 

二階堂明弘展

触れるたび分かる手の痕跡と息づかい
頼もしい曲線、緊張、凛、色気
それは道具であることを忘れるほど
 
変化していく手触りと艶
無駄のないかたち
その中に残る温もりは暮らしを静かに調和し
美しさを教えてくれる
 
鉄のような独特の色味が美しい錆器、
表面に刷毛で土が塗られた白や茶のうつわに加え、
手捻りの大きな花器など数多くのうつわが並びます。
 
----------------------------------------------------------------------
二階堂明弘展
 
2021年4月17日(土)~25日(日)
11:00-19:00 会期中無休
 


 
|二階堂明弘|  nikatougei.jp
1977年札幌生まれ。
文化学院芸術専門学校陶磁科卒業の後、栃木県真岡市にて独立。
その後、栃木県益子町や千葉県房総半島を経て、現在は静岡県修善寺町にて作陶。

 


 
 

柿渋染展

国内外で集めた古い布を柿渋で染め、
鉄や銅で媒染した布ものを制作するキクチジュンコさん。
和歌山で初となる個展を開催いたします。
 
柿渋染めは高い防水・防腐効果があり、古くから団扇、和傘、
漁網などあらゆる日用品に用いられてきました。
長い時間をかけて染め上げられた布は、化学染料にはない独特
風合いになり、時間が経つにつれ色が変わります。
 
染める季節によっても色が変わる柿渋染め。
冬の北海道で染められた布を、春の和歌山で。
鮮やかな「柿渋茶」をお楽しみください。
 
----------------------------------------------------------------------
キクチジュンコ「柿渋染展」
 
2021年3月27日(土)~4月4日(日)
11:00-19:00 会期中無休
在廊日:27日(土)・28日(日)
 


 
|キクチジュンコ|  kikuchijunko.com
北海道札幌市出身・在住。
国内外の古い布を柿渋で染め、鉄・銅・藍などで媒染した布ものをつくる。
長い時間をかけて染め上げられた布でかばんやマットなどを制作。

 


 
 

トキヲメグル

和歌山県和歌浦在住の写真家 松原時夫さんと、いとう写真館として
全国で移動写真館を行なっている伊東俊介さんの合同写真展を開催します。
11歳で初めてカメラを手にして、70年もの間「和歌浦」を撮り続けている
松原さんの写真と、全国各地の「人」を撮り続けている伊東さんの写真。
モノクロフィルム、撮り続けること、そして写真への愛、被写体は違えど
二人の写真には共通するものが沢山あります。
1951年から松原さんに撮り続けられた和歌浦の写真と、
毎年の恒例行事として伊東さんに撮り続けられた家族の写真。
二人の写真によって過去、現在、未来へと、時を超えて巡る想いを感じてみてください。
 
21日にお二人のトークイベント、27日・28日はいとう写真館の撮影会を行います。
今年の撮影会場は和歌浦の「あしべ屋妹背別荘」
どちらも予約優先となります。ご予約はメールにてお待ちしております。
 
----------------------------------------------------------------------
松原時夫×伊東俊介 合同写真展「トキヲメグル」
 
2021年2月20日(土)~28日(日)
11:00-19:00 会期中無休
※21日はトークイベントのため、14:00〜16:00は入場不可
伊東 在廊日:20日(土)・21日(日)
 
============================
松原時夫×伊東俊介「トークイベント」
 
和歌浦の写真を撮り続けている松原さんと、
家族の肖像写真を撮り続けている伊東さん。
お二人に写真への想いをお話し頂きます。
 
2月21日(日)
14:00〜 約1時間半
参加費:¥2,000
会場:norm
 
============================
「いとう写真館 撮影会」
 
銀塩モノクロフィルムで一枚の写真を残しませんか。
家族、恋人、友達、もちろんあなたひとりでも。
仕上げは台紙、アルバム、木製パネルなどからお選びいただけます。
 
会場は和歌山市の名勝和歌浦にある「あしべ屋妹背別荘」
石の三段橋を渡った先、内海に浮かぶ島・妹背山にある歴史的建造物で撮影会を行います。
 
2月27日(土)・28日(日)
10:00-17:00 (最終受付 16:00) 
¥17,500 +税~ (撮影・現像・プリント・台紙込み) 
中判カメラでの撮影となります
 
会場:あしべ屋妹背別荘
   和歌山市和歌浦中3丁目4-28
※駐車場は三段橋の向かいにある県営駐車場をご利用ください
 
トークイベント、撮影会のご予約・お問合せはinfo@norm-s.jpまで。
お名前、お電話番号、ご参加人数、ご希望日時を添えてご連絡ください。
 


 
|松原時夫|
1940年生まれ。和歌山市和歌浦出身・在住。
11歳でカメラを手にして以来、生まれ育った和歌浦の町を撮り続けている。
日本写真専門学校卒、同校の教師として勤務後、和歌浦の生家で写真店を営む。
 
|伊東俊介|  ito-photo.net
1971年生まれ。大阪出身・在住。
銀塩フィルムで家族の肖像を遺す「いとう写真館」を2005年からスタート。
ライフワーク活動として16年間で述べ10000組以上の家族へ肖像作品を届けている。

 


 
 

いろどり山

笑達さんの絵と川井有紗さんの様々な作品が並ぶ夫婦展を行います。
写真は「いろどり山」と名付けられた山から見る朝日。
お二人の住居、アトリエ、そして5月完成予定のギャラリー"ens"から
臨む、その日最初の光を空撮していただきました。
山での暮らしから受け取るもの、この地で生まれた作品たち。
山の気配を感じていただきたいです。
 
在廊日には似顔絵会や滞在制作、最終日にクロージングイベントとして
「いろどり山の演奏会」を行います。お時間合う方はぜひご参加ください。
ご予約はメールにてお待ちしております。
 
----------------------------------------------------------------------
笑達×川井有紗 夫婦展「いろどり山」
 
樹も、花も、虫も、鳥も、獣も、人も
全ては、今を生きる一つの命
生まれて、生きて、死ぬ、還る
その繰り返しの中私たちは生きている
山の暮らしの日々がもたらす様々を
感じている様々を
新しい時代の光を
形にしたい
 
2021年1月23日(土)~31日(日)
11:00-19:00 会期中無休
※31日は16:00まで
在廊日:23日(土)・24日(日)・31日(日)
 
============================
「笑達 似顔絵会」
 
人も獣も草木も虫も。みな命の一つ。
 
23日(土)・24日(日)
11:00-19:00 (最終受付 18:00)
¥3,300~ (サイズや人数により異なります)
所要時間 30分~60分程度
 
予約優先、空いている時間には当日受付可能です。
空席がない場合はオーダーを承ります。
少しのお話のあと写真を撮り、後日制作し発送となります。
 
============================
「笑達 滞在制作」
 
笑達が大きな作品を描きます。
タイミングにより制作風景をご覧いただけます。
 
27日(水)〜31日(日)
時間未定
 
============================
closing event「いろどり山の演奏会」
 
最終日にはクロージングイベントとして、
川井有紗の歌声と共に笑達が作品を完成させます。
 
1月31日(日)
17:00 open / 17:30 start
¥2,500 +1order
唄:川井有紗
絵:笑達
drink:FROM FARM
 
似顔絵会、演奏会のご予約・お問合せはinfo@norm-s.jpまで。
お名前、お電話番号、ご参加人数、ご希望日時を添えてご連絡ください。
 


 
|笑達|  and-nigaoe.jp
1982年 和歌山県出身・在住。
19歳から似顔絵を描きはじめ、18年間ひたすらに人とその縁に向き合う。
2020年、地元和歌山に念願の家とアトリエを建てる。
土地に息づく風土や霊性に導かれ、絵画を描くという新たなステージに歩む。
 
|川井有紗|  @kawaiarisa_ens
1982年 広島県出身。
自然の中に有る美しさや霊性を身体を通し、装身具やオブジェなど様々な表現で形にしている。
2020年和歌山の山の上に暮らし始める。2021年5月1日ギャラリー「ens」をオープン予定。
様々な表現者と共に世界の美しさを伝えていく。

 


← 2020