行先

5月27日、normは7周年、大阪吹田にある植物のアトリエ Kfleursは14周年を迎えます。
偶然同じ日に生まれたふたつのお店、周年を記念した企画展を2店舗で同時開催いたします。
それぞれのお店で縁の深い4人のつくり手にお声がけをし、
4人の作家作品と薫さんによる植物のしつらえで二会場を整えます。
陶・食・紙・灯、各作品と場の共鳴。ふたつのお店に広がる景色を楽しんでいただけたら幸いです。

皆様に支えていただき早7年。
日々の感謝の気持ちを込めて、共に過ごせますことを楽しみにしています。
 
参加作家
 陶・Han Yun Liang
 食・窓話
 紙・鶴田美香子
 灯・rinn to hitsuji
 
----------------------------------------------------------------------
Kfleurs 14th norm 7th anniversary event
「行先」
 
5月18日(土)~27日(月)
13:00 - 18:00 会期中無休
※27日はnormのみ営業
 「祝いの小さな会」にご予約いただいた方のみ入場可

在廊日
 Han Yun Liang:26日(Kfleurs)・27日(norm)
 窓話:21日(Kfleurs)・27日(norm)
 鶴田美香子:未定
 rinn to hitsuji:18日(Kfleurs)・22日(Kfleurs)・27日(norm)
 
会場:Kfleurs|大阪府吹田市津雲台6丁目17番 D26-5
   norm|和歌山市小野町3-43
   (2店舗同時開催)
 
============================
「祝いの小さな会」
 
記念の日を祝う小さな会。立食形式でいただく窓話の料理をお楽しみください。
作家を交えて参加者皆様でよろこびを分かち合う祝いの日になれば幸いです。
 
日時:5月27日(月)
   一部|12:00 - 14:00
   二部|15:00 - 17:00
   三部|19:00 - 21:00
料金:4000円(1 drink 付き)
料理:窓話
会場:norm
 
祝いの小さなのご予約・お問合せはinfo@norm-s.jpまで。
お名前、お電話番号、ご参加人数・ご希望時間を添えてご連絡ください。
 


 

 
 

木と石と

北海道札幌の木工作家 辻有希さんの個展を開催いたします。
木と対話するように手を動かし、素材をありのまま受け入れて生まれた木工作品。
儚げなものの中にある芯強く無骨な佇まいがうつくしく、辻さんの作品の魅力であると感じています。
今展では、木と石をテーマにつくられたオブジェやモビール、うつわなどに加えて、
茶筅立てやお盆など茶道具に纏わるものも並ぶ予定です。
場に広がる木の香や、みたての風景と共にお楽しみください。
 
展示のオープニングとして「五風十雨」いがらしあみさんをお迎えして「茶菓の会」を開きます。
札幌で料理やお茶を作られているいがらしさんのお菓子と、茶道を初めて10年になる辻有希さんが
お茶をたててくださいます。この日のための特別な時間をお楽しみいただけましたら幸いです。
 
----------------------------------------------------------------------
辻有希展
「木と石と」
 
4月6日(土)~14日(日)
13:00 - 18:00 会期中無休
※6日は茶菓の会にご予約いただいた方のみご入店可
在廊日:6日(土)・7日(日)
 
============================
辻有希×いがらしあみ
「茶菓の会」
 
”五風十雨” いがらしあみさんをお迎えしてお茶とお菓子の会を開きます。
北海道と和歌山を繋ぐ、それぞれの地に息づいている植物や作物を合わせてつくられた菓子を、
会のためにつくられた辻さんの器の上でお召し上がりいただけます。
辻さんがたてるお茶と、いがらしさんの菓子をお楽しみください。
 
日時:4月6日(土)
   一部|11:00
   二部|13:00
   三部|15:00
   四部|17:00
料金:2700円
内容:菓子3種・抹茶
定員:各会4名
(各会終了後に作品展をご覧いただける時間を設けております)
 
茶菓の会のご予約・お問合せはinfo@norm-s.jpまで。
お名前、お電話番号、ご参加人数・ご希望日時を添えてご連絡ください。
 


 
|辻有希|  akitsuji.com
1987年札幌生まれ。
大学にて木工を学び始め、卒業後、家具メーカーにて勤務の後、札幌を拠点に制作活動を行う。
ひとつひとつの表情を見つめながら、どこか愛らしく、たまに無骨な佇まいのものを。

 


 
 

靴の受注会

スニーカーと革靴の間のようなトートーニーのコンフォートシューズ。
義肢装具士と共に日本人の足に会うようにインソールから開発し、“ゆったり” と“ほっそり” の
2種類のインソールからご自分の足に合う一足をオーダーいただけます。2種類のアウトソール、
革素材は4種/8色からなり、外羽根・内羽根・ショートブーツ・スリップオンシューズなど、
様々な組み合わせの中からお好みの一足をお選びいただけます。
 
16日・17日は、トートーニーの神田さんが在廊し、足の計測を含めたフィッティングを行なってくださいます。
ご自分の足の特徴やどんな靴が合うのか、ゆっくり神田さんとお話していただけましたら幸いです。
足裏から身体をやさしく支え、軽くて履き心地の良いトートーニーの革靴を是非お試しください。
 
----------------------------------------------------------------------
トートーニー
「靴の受注会」
 
2024年3月16日(土)~24日(日)
13:00 - 18:00 会期中無休
在廊日:16日(土)・17日(日)
 
サイズ:21.0cm~28.0cm (0.5cm刻み)
革素材:カーフ / キップ / ベロア
アウトソール:“dress” 前部はゴム素材、後部が革素材のゴムと革が一体型のソール
       “work” 滑りにくく耐久性に優れたビブラムソール
 


 
|トートーニー|  toe-to-knee.com
トートーニーは、はきものと革もののブランド。つま先からひざまでの「toe to knee」から名付けています。
身体の一部のように感じるはきものと日常生活に寄り添ってくれるような革ものをつくりたいと考えています。

 


 
 

中園晋作展

栃木県益子町で作陶する中園晋作さんの個展を開催いたします。
約2年ぶりとなる中園さんの個展、今回は造形に尽力した花器を中心に、一点物のうつわが並びます。
長年の器つくりから成る色彩の表現と、手捻りとロクロを合わせ時間をかけてつくられたトルソーの
ような花器。今の中園さんが表現する造形と色彩をぜひご覧ください。
 
2022年から「palette pottery」として器のブランドを立ち上げた中園さん。
白いパレットの上で様々な色が混ざり合う様につくられたpalette potteryのうつわを
小部屋にて展示販売いたします。
 
中園さんの一点物の作品とpalette potteryのうつわ。
大部屋と小部屋それぞれに広がる新しい中園さんの世界をお楽しみください。
 
----------------------------------------------------------------------
中園晋作展
 
2024年1月27日(土)~2月4日(日)
13:00 - 18:00 会期中無休
在廊日:27日(土)
 


 
|中園晋作|  shinsaku-nakazono.com
1980年生まれ、兵庫県出身。近畿大学文芸造形美術専攻を卒業の後、
小学校の美術講師として勤務。2007年より神奈川県にて制作を開始し、
現在は栃木県益子町にて作陶を行う。

 


← 2023
 
 

 

news
 
about
 
schedule
  
journal